nazolabo

なぞさんのブログ

Apolloで実際に何か作る手順

SDK・ランタイムダウンロード

Flex SDKは入っているという前提で
http://www.adobe.com/cfusion/entitlement/index.cfm?e=labs_apollo
から、SDK、ランタイム、ドキュメントをそれぞれダウンロード。Flex Builder用の何かもあるけどどうせ使えないので無視。
ダウンロードしたら、ランタイムはインストール。SDK、ドキュメントは、Flex SDKのフォルダに上書きする。binの中にmxmlc.exeとamxmlc.batが入っているような構成になっていればいい。

プロジェクトの作成

とりあえず「test」というフォルダを作る。中には「test.as」というファイルを作る。
この中身はとりあえず

package {
    import flash.display.Sprite;
    import flash.system.Shell;
    import flash.events.InvokeEvent;
    import flash.ui.*;
    
    public class test extends Sprite {
        public function test() {
            Shell.shell.autoExit = true;
            Shell.shell.addEventListener(InvokeEvent.INVOKE, onInvoke);
        }
        
        private function onInvoke(e:InvokeEvent):void {
            new testWindow(); // ウィンドウ作成
            stage.window.close();
        }
    }
}

import flash.display.*;  
import flash.text.*;
import flash.display.NativeWindow;
import flash.events.MouseEvent;

class testWindow extends NativeWindow {
    public function testWindow(width:uint = 320, height:uint = 240) {
        var winArgs:NativeWindowInitOptions = new NativeWindowInitOptions();
//        winArgs.systemChrome = NativeWindowSystemChrome.NONE; // NONEにすると枠なしウィンドウになります
        winArgs.systemChrome = NativeWindowSystemChrome.STANDARD;
        winArgs.transparent = false;
        super(false, winArgs); // ウィンドウ作成
        
        stage.align = StageAlign.TOP_LEFT;
        stage.scaleMode = StageScaleMode.NO_SCALE;
        
        // 文字
        var helloText:TextField = new TextField();
        helloText.text       = "Hello Apollo World!";
        helloText.autoSize   = TextFieldAutoSize.LEFT;
        helloText.selectable = false;
        stage.addChild(helloText); // NativeWindowはDisplayObjectではないのでstageにくっつける
        
        // クリックで終了
        stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK, function():void { close(); } );
        
        // 表示
        this.width = width;
        this.height = height;
        visible = true;
    }
}

とする。普通のAS3のコードに見えるが、若干見知らぬクラスが混ざっている。
ついでにtest-config.xmlも作成

<flex-config>
    <output>test.swf</output>
    <default-size>
        <width>320</width>
        <height>240</height>
    </default-size>
    <default-background-color>0xFFFFFF</default-background-color>
</flex-config>

としておく。
これでコンパイルするわけだけど、いつものmxmlcではなく、amxmlcを使う。

amxmlc test.as

みたいな感じ。
これでswfファイルが出来上がるが、これはこのままでは動かない。既にApollo専用になっている。これをApolloアプリ化する。

実行

「test-app.xml」という空のファイルを作る。中身は

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<application xmlns="http://ns.adobe.com/apollo/application/1.0.M3" appId="cantrell.test" version="1.0">

	<properties>
		<name>test</name>
		<description>test application.</description>
		<publisher>nazone</publisher>
		<copyright></copyright>
	</properties>

	<rootContent systemChrome="none" transparent="false" visible="false">test.swf</rootContent>

</application>

こんな感じ。
出来上がったら、

adl test-app.xml

とする。adlはいわゆるデバッガだ。これで文字だけが表示される簡易アプリケーションの完成となる。

配布用airファイル作成

adt -package test.air test-app.xml .

で出来上がる。